メンタルケア通信~ストレス社会で増加している鬱の治し方~

女性

沈み込んでしまう病気

医者

現代人が患いやすい鬱の原因となる事柄を探るのは難しいですが、適度に休養を取って、様々な事柄に対して無理をしすぎない姿勢を取るのが重要です。ネットのセルフチェックサイトなどで自分のうつ状態を確認できるので、評価が悪い際には医師との相談を重ね、自らを大切にする意識を持って治療に取り組むのが良いです。

詳しく見る

メンタルヘルスケアの方法

女の人

メンタルヘルスケアとは、心の健康を保つためのケアのことです。社会の変化に伴うストレスなどが原因で心の健康を害する人が増えており、その重要性が高まっています。メンタルヘルスケアを行うことによって、鬱病などの心の病気を未然に防ぐことができ、心の健康状態を良好に保つことにつながります。主に、心療内科やメンタルヘルス科の病院でケアを受けることができます。心療内科でのメンタルヘルスケアは、鬱病やパニック障害などの心の病気の治療や、心身症の治療に重点が置かれます。また、心身症は胃痛や頭痛などの身体症状が現れるので早期発見がしやすいですが、鬱病は自分でも気づかないうちに病状が進行するケースが多いです。心療内科ではメンタルヘルス診断を受けることができるので、鬱病を早期発見することが可能です。メンタルヘルス診断の結果、鬱病と診断された時には、心療内科で鬱病の治療が受けられます。鬱病の治療は投薬治療が中心になり、医師が処方した抗うつ薬や抗不安薬を服用することによって鬱病を治療します。投薬治療と並行して認知行動療法も行われ、鬱病の原因になるマイナス思考の悪循環を断つことができるようになります。

最近は職場でもメンタルヘルスケアが行われるようになっており、各分野でメンタルヘルスケアの人気が高まっています。その理由は、心の健康を保つことができ、鬱病などの心の病気の発症を防ぐことにつながるからです。心療内科の病院でもメンタルヘルス診断が行われており、専門医による診断が受けられることで人気を集めています。心療内科でメンタルヘルス診断を受けることによって、鬱病の早期発見と早期治療が可能になります。そして、心療内科でメンタルヘルス診断を受けた結果、鬱病と診断された時には医師に診断書を書いてもらえます。鬱病で仕事を休職する時には医師の診断書が必要になるため、診断書を書いてもらえることも心療内科の需要が高まっている理由になっています。鬱病の症状が進行すると、頭痛や胃の痛みなどの身体的不調が現れます。心療内科では鬱病が原因の頭痛や胃痛などの治療を得意としており、様々な身体的不調を治療することが可能です。心の病気が原因の頭痛や胃痛は、一般の内科の病院では対症療法が中心になるため、完全に治すことはできません。心療内科では頭痛や胃痛などの身体的不調の根本的な原因になっている心の病気を治療するため、頭痛や胃痛は完治します。

精神の健康を考える

背伸びする女性

鬱は、心の状態が不安定な状態で時には日常生活に支障をきたすこともあります。まずはゆっくりと休養できるような環境を整えることが大切です。自宅での休養が難しい場合は、入院施設も活用することが大事になります。

詳しく見る

うつ病を患った時の治療法

女性

専門医療機関での鬱治療においては、薬を活用した治療法とカウンセラーによる治療が、主に行われてきています。カウンセリングの対話においては、鬱の原因となる精神面の認識の不均衡を調整して、鬱の解消を図ります。近年ではtmsと呼ばれる磁波を活用した治療も行なわれる様になり、注目を集めています。

詳しく見る

安定した心の状態の維持

男の人

鬱は、落ち込みや悲しみ、不安などネガティブな感情を抱えた心の状態を言います。再発しやすい傾向にあるので、しっかりと治療を続けていくことが大切ですが、中でも認知行動療法が治療に有効であると言われています。

詳しく見る

Copyright© 2016 メンタルケア通信~ストレス社会で増加している鬱の治し方~ All Rights Reserved.