沈み込んでしまう病気|メンタルケア通信~ストレス社会で増加している鬱の治し方~

メンタルケア通信~ストレス社会で増加している鬱の治し方~

ウーマン

沈み込んでしまう病気

医者

病気の特徴を知る

鬱の特徴としてはその名の通り、鬱っぽくなる気分状態から起こります。この憂鬱状態は神経の状態や身体の状態、脳の状態、あるいは周囲との人間関係など様々な要素が複雑に関連しているため、まずその原因を調べるのが難しい病気となっています。例えば仕事で人間関係に支障が出ている場合には、神経の状態にも次第に変化が現れていきます。神経のバランスが崩れてしまうと、胃腸にも不具合が現れる事があります。そして胃腸に不具合が生じてしまうと、よく眠ることが出来なくなってしまったり、他にも仕事のやる気が起こらないとか他人からの発言を悪く捉えてしまうこともあるのです。こうした悪循環が積み重ねられることで鬱病の基礎が作られていきます。この鬱状態が中長期的に継続されると、やがてうつ病を発症します。一度うつ病を発症してしまうと過去から様々な事情が積み重ねられている事から、なかなか改善する事ができない事もあるのです。現在自分が疲れ切ってしまっていると感じるとか、あるいは鬱っぽくなってしまう事があって困る、という場合には、まずはしっかりと休養を取ることが大切です。鬱っぽく感じてしまう時には、自分が無理をして努力している証拠でもあるのです。病気の特徴を捉えて、前向きに生活をして健康的な生活を送る工夫をしましょう。

病気治療の際は

病気治療の際に注意をしたいポイントとしては、現在のうつ病の状態をチェックして、対処法を考えておかなければ病気が悪化してしまう事があるという事です。どんな病気でも同じ事が言えますが、うつ病でも自分自身がまず病気を治療しようと努力しない限りは治る事がありません。うつ病治療の際に病気を治す方法について自分自身が知っておき、そしてそれに向き合っていかなければ病気に飲まれてしまう状況になります。この点はうつ病と付き合う上で注意したいポイントのひとつです。うつ病はそもそも鬱っぽくなってしまう仕組みについて、自分がうまく向き合えていないか、あるいは原因を改善しようと思っていないか、という問題が生じているとうつ病を患う事もあります。インターネットなどのうつ病セルフチェックサイトを活用して、現在のうつ病の状態をチェックしてみましょう。悪い評価が出ている場合には、無理せず医師に相談をしながら治療を行なう事が大切です。仕事ではあまり無理をせず、自分自身を大切にして治療を行ないます。努力している他人に引け目を感じてしまうことがあるなら、一旦はその人と距離を置きましょう。「自分は他人の良いところを見つける才能がある」という利点でもあるため、自分に自信を持って、自分を大切にするため工夫した思考を持つことが重要になります。病気を悪化させないように注意して、ポイントを抑えた病気との付き合いをしましょう。

Copyright© 2016 メンタルケア通信~ストレス社会で増加している鬱の治し方~ All Rights Reserved.