メンタルケア通信~ストレス社会で増加している鬱の治し方~

ウーマン

うつ病を患った時の治療法

女性

新治療が脚光を浴びる

鬱病の治療法に対しては、現在様々な方法が新しい治療法として開発され人気を集めています。これまで病院や医療機関において鬱病の治療方法と言えば、カウンセラーと対面し認知を改善する事を主として治療が進められる精神療法や、他にも鬱病の原因となっている神経伝達物質の流れを整えるためのお薬を処方して治療を行なう薬物療法とが一般的でした。近年では、鬱病に関する新しい治療方法として「tms」と呼ばれる治療法が開発され話題を集めています。tmsでは、磁波エネルギーを放出する専門の医療機器を用いて治療を行ないます。この磁波エネルギーを、鬱病を患った患者さんの前頭葉部分より当てることで治療を行ない、脳の中枢機関における神経の働きを整える事で改善を行なう治療方法です。この治療機器は、まだ国内における公的機関からは公式的な医療機器としての認可が下りていませんが、しかし海外では実際に鬱病治療に活用されており改善が見られたという公式発表もあります。海外の医療機関ではtmsによる治療は保険適用による治療が行なわれているため一般的ですが、今後は国内においても治療実績が集まれば、併せて需要も期待する事ができる事などと合わさって治療費用が下がる可能性も期待できます。tmsによる治療は、これからの新しい治療法としても人気が集まっています。

従来の治療

鬱病の治療方法は、現在では専門の医療機関においては主に精神療法と、薬物療法との治療が行なわれているのが現状です。精神療法では、主に対人療法と呼ばれる治療が行なわれます。この対人療法ではカウンセラーと対面して鬱病治療をするための対話が行なわれます。対話によって認知を正し、そして鬱病の原因となっている精神面での認識の偏りを正していく治療方法です。家族との関係性についても、鬱病の原因として気をつけたいポイントのひとつとなっています。家族との関係性が上手くいっていない場合には、それだけで人はとかく人間不信に陥ってしまう事があるのです。しかし家族との関係が整っている場合には、逆に多くの精神病は改善傾向に向かう可能性も期待できます。心の傷を修復するためには、人間同士の信頼関係が大切です。人間同士の信頼関係が壊れてしまうと、とかく人間不信に陥ってしまい自分を責めてしまうこともあるのです。鬱病を患っている患者さんは、こうした認知の歪みが原因で自分を責め続けてしまっていることがあるためカウンセラーとの対話によって改善を促していきます。もうひとつの薬物療法は、お薬を処方してもらう事で神経の働きを改善します。神経伝達物質の流れをお薬で改善する事で、神経の調子を整え鬱病を改善する治療法です。

Copyright© 2016 メンタルケア通信~ストレス社会で増加している鬱の治し方~ All Rights Reserved.